Archive for 8月, 2013

postheadericon 直接口をつけて飲んだペットボトルの飲み残しに注意が必要です

「FNNニュース」より

直接口をつけて飲んだペットボトルの飲み残しに注意が必要です。
フジテレビ系(FNN) 8月6日(火)0時39分配信

6日まで不安定な天気が続く一方、7日からは猛暑が復活しそうです。
暑い中、熱中症予防のために欠かせないのが水分補給ですが、

ペットボトルの飲み残しには、思わぬ落とし穴がありました。

5日も全国512地点で、30度以上の真夏日を記録した日本列島。
この時期、熱中症を防ぐため、こまめな水分補給が欠かせない。
行き交う人たちの多くが常備しているのは、ペットボトル飲料だった。
街の人は、「(ペットボトルを持ち歩いている?)持っています」、

「飲み物を常に持っています」などと話した。
しかし、このペットボトルは、油断するとあることが起きてしまう。
「直接口をつけてペットボトルを飲む」行為で、口の中にいる細菌が
液体に入り込み、増殖するという。

どのくらい増殖するのか、ニュースJAPANで実験を行った。

用意したのは、500mlの麦茶、スポーツドリンク、そしてコーヒー牛乳の
ペットボトル。

実験中は歯を磨かず、それぞれ購入直後、4時間後、8時間後の3回、
1口ずつ直接、ペットボトルに口をつけて飲む。
そして、3種類のペットボトルを、温度と湿度を一定に保つ機械へ入れた。
真夏日を想定し、温度は30度、湿度を60%に設定した。
8時間後のペットボトル飲料は、においは開けた時と変わりなく、
見た目も変わらないように見えた。
果たして、結果はどうだったのか。
エフシージー総合研究所の橋本一浩博士は「4時間後、8時間後、
あと24時間後で検査をしてみたんですけども、時間変化とともに、
どんどん(細菌が)増加していく」と話した。
8時間たったペットボトルを調べると、麦茶とコーヒー牛乳から、
一般細菌が検出された。
さらに、24時間後に調べると、細菌が麦茶はおよそ50万個、
コーヒー牛乳はおよそ1,600万個と、さらに急激な増加が見られた。
東京家政大学生活科学研究所の藤井建夫所長は「牛乳自体は
栄養がいいもんですから、そういった菌が一晩も置くと、増えるということは
あると思いますね」と話した。
一方で、ほとんど数値が変わらなかったのが、スポーツドリンクだった。
なぜ、細菌は増殖しなかったのか。
東京家政大学生活科学研究所の藤井建夫所長は「(一般的に)
スポーツドリンクだとか、あのたぐいは結構ね、酸度が強いですから、
そこではもう、菌が生えにくいので」と話した。
夏場、ペットボトルを持ち歩く際の注意について聞いた。
東京家政大学生活科学研究所の藤井建夫所長は「口から、あるいは
食べ物がね、一緒に入って、それが原因となりますので。
できればコップに(移して)飲むなどしてね。暑い季節ですので、
ある程度、短い時間で飲みきるというようなことが大切かなと思いますね」
と話した。

最終更新:8月6日(火)1時29分

postheadericon 四方綱引 第六回全国大会 結果報告

四方綱引 第六回全国大会 結果報告

~神話の郷 出雲~ で誕生した「四方綱引」

力よりも頭脳プレーが勝る!? 微妙な駆け引きがおもしろい!!
〝力と頭脳のニュースポーツ〟です。

総合型地域スポーツクラブ交流事業として
〝縁結び交流会〟大会に参加、出場しました。

少名毘古那(すくなひこな)の部【小学生の部 】
3位/12チーム   ※1位との差、1点

須勢理毘売(すせりひめ)の部【女性の部】
第7位/28チーム  ※1位との差、4点

八束水臣津野命(やつかみずおみつののみこと)の部【一般の部】
25位/42チーム ※1位との差、9点